格付け一流芸能人、筋肉美止まらないGACKT!テレビで愛人報道の真相を初告白!

こんにちは。

さるです。

個性の塊である芸能界でも唯一無二の存在感を放っている、カリスマの代名詞、ミュージシャンGACKTさん。

超高級車を乗り回し、地上4階、地下2階の超豪邸に住む。寝室には滝が流れ、トレーニングルームも完備。なんと地下には神殿まで。もはや意味がわからなさすぎて眩暈レベルです。その謎に包まれた私生活に加え、SNSではそのストイックすぎるトレーニングは話題沸騰中。テレビ番組「芸能人格付けチェック」(テレビ朝日系)でも大活躍。今年正月の放送でも全問正解し“一流芸能人”の名をほしいままにしていることも相まって、カリスマがとどまることを知りません。

これまでも数々の女性遍歴や、豪華すぎる暮らしから脱税などのニュースなどで世間をたびたび賑わせてきましたが、

今回はこちら。

「GACKT元愛人自殺未遂」

なんだかショッキングな言葉が並んでいますが、一体どういうことなんでしょうか。

なんだか今までのニュースとは、毛色が違うような気がします。

そんな今回の事件について、日本テレビ系「ダウンタウンDX」にGACKTさん本人が出演し、初めてテレビで“元愛人報道”の真相を語りましたので、まとめてみたいと思います。

事件概要

事の発端は、2月3日。最近一層ご活躍が目覚ましい「文春砲」「GACKT元愛人が『首吊り自殺』未遂」と報じられました。この一連の報道をまとめると以下の通り。

文春さんによれば、GACKTと元グラドルA子さん(26)は2011年の東日本大震災の慰問活動を通して知り合い、GACKTの誘いによって肉体関係へと発展しました。3年間ほど関係を続けていたそうですが、2016年1月ごろにGACKTさんのマネジメントをしている会社の社長H氏と知り合い、GACKTとの関係を清算し交際に発展。年齢もあり、H氏を自分の両親にも紹介するなどA子さんは結婚を前提とした交際をしていましたが、なんとH氏には別の女性がいたことが発覚。年末に音信不通になってしまったといいます。GACKTに相談を求めても応答がなく、落胆したA子さんは今年に入って2度ほど自殺未遂に及んだということです。

出ました「文春砲」。よくやりますね、本当に。笑

GACKTさんと言えば2012年にICONIQさん(32)とオープンな交際をされていましたが2014年に破局。むしろこういった「特定の女性との交際」というケースの方が稀、むしろカリスマのひとつのブランディングなんじゃないかという位、これまでもたびたび女性スキャンダルを報じられてきました。レコード会社関係者も「GACKTの周りには、すぐにベッドを共にできる女の子がたくさんいます。キャバ嬢とかが多いですね。記事を読む限り、残念ながらA子さんも本命の恋人ではなく、その中の一人だったということでしょう」と語っています。

そんな中での今回のスキャンダル。A子さんとは関係を清算済みだったわけで、まさかのとばっちり報道でした。笑

実際どうなの?

本人が初言及「そもそも独身だし」「まぁ、いい関係」

3月2日の日本テレビ系「ダウンタウンDX」にGACKTさん本人が出演。「プライベートカミングアウト!」コーナーにて、GACKTは元愛人とされる女性Aさんについて、まず「自分独身なんで」と前置きした上で「5~6年前に知り合った」と告白。MCでプライベートでも仲の良い浜田雅功(53)に「どこまでの関係?」と詰め寄られると「まあ、いい関係にはなっているんですよ」と正直に返答した。その後、そのAさんに好きな男性ができたと告げられてから「応援する側になった」という。

カリスマの運命?名前だけ使われ憤慨

メールで連絡を取っていたAさんから昨年末に「結婚詐欺にあった」と知らされたGACKT。

時を同じくしてH氏より「結婚しようと思っていたが、破談になりました」と正座で告げられました。

GACKTさんはここで初めてAさんの交際相手がH氏だったことを知ったということ。

その後、H氏から再び正座で「週刊誌の記事になります」と報告されました。GACKTは「マネジメント会社の社長が、恋愛ごとで記事になるのはすごい」と返したが、H氏から記事の見出しが「GACKT」押しになると知らされたという。

こうして2月2日発売の「週刊文春」が報じた同内容の見出しは「GACKT元愛人が『首吊り自殺』未遂」。GACKTは「自分が知らないところで知り合い、自分が知らないところでダメになって、ぼくだけ(名前が)使われる」と、愛人報道に憤慨していました。

確かにその曖昧な関係は世間的に褒められたことではないものの、交際していたわけでも、そもそも結婚していたわけでもないわけですから「元愛人」という表記には違和感を覚えます。また、Aさんの交際の際には関係を解消し、むしろ応援する立場になっていたのが事実であるならば全く関係ない話ですよね。H氏が知り合いであることが話を少々ややこしくしてはいますが、そもそもその事実を知らなかったわけですから、GACKTからすれば、勝手に名前を使われて客寄せパンダとしてただ単に奔放な女性関係を世間にバラされただけですね。

文春砲にしてはキレが悪い。ネタ切れなんでしょうか。

さらにこんなことまで

さらに今回の事件に乗っかって、こんな報道までされています。

“格付け一流芸能人”も儲け話には目がくらんだ!?

電撃引退した江角マキコ(50)が被害に遭ったとみられる投資ファンドに乗っかって大損した、とも報道されています。その内容をまとめると、そのファンドにGACKTもかなり入れ込んでいたようで、話題の豪邸を売却し億単位の金額を突っ込み、周囲にも『絶対に投資した方がいいよ』などと勧めていたご様子。ところが結果として投資ファンドは詐欺で、首謀者らは逮捕された。だまされた形のGACKTも莫大なマイナスをいまだに回収できていないということです。

いやあ、GACKTさんほどの有名人になるとアンチも多いわけで、あることないことを好き勝手言われたり、自身の名前を客寄せに使われてしまったり、大変ですね。個人的にはあの振り切ったキャラクターが大好きですので、今後も「GACKT様」らしく振舞っていただきたいと思っています。

何よりあの肉体美はなかなか作れるものじゃありません。

そちらの更新も、楽しみにしております~。

ではでは!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする