iPhone8、いつ発売?デザインは?値段は?徹底検証!

こんにちは。

さるです。

さてさて、この季節がまたやって参りました。

apple信者の筆者も、iPhone7に変えたばかりなのに買い替えを悩んでおります。

「iPhone8」の噂が絶えません。

それもそのはず、iPhoneは、今年で発売10周年を迎えます。

そのため、デザインや性能が大幅刷新された特別なモデルとなるという噂がそこかしこで飛び交っています。

ここで一発、錯綜する情報を徹底検証してみましょう。(自分のために)

どうか筆者のapple熱についてきてくださいね。

ではではレッツゴー!

デザインどうなるのよ?

エッジ効かせちゃいます

現行のiPhone7及び7 Plusをアップデートした、4.7インチ及び5.5インチ液晶搭載の「iPhone7s及び7s Plus」と、5.8インチの有機EL(OLED)ディスプレイを搭載した「iPhone8」(iPhoneXとの名称も予測として上がっています)モデルの3モデル展開になる、との説が主流となっています。

5.8インチのOLEDディスプレイ搭載モデルについては、背面が強化ガラス、フレームはステンレス製になるといわれており、デザインはとしてはiPhone4を彷彿とさせるようなものになると予測されています。あのエッジの効いたデザインに戻るんですね。。。賛否両論ありそうですが、筆者個人的には、iPhone3Gのポップな形状からシャープなデザインと素材にシフトした潔さには感心したのを覚えています。また、手にすっぽりとハマる感じは好きでした。まぁ、今回はサイズがまた全然違うので勝手は違いそうですが。

ホームボタン無くなる説

有機EL(OLED)搭載見込みのモデルは、ベゼルフリーとなり、ホームボタンが無くなると予測されています。ホームボタン機能を受け継ぐのは、ディスプレイ下部の「ファンクションエリア」とのこと。これはMacBook ProのTouch Barのようなイメージで、タッチパネル内で一部機能にカンタンにアクセスができるとのことです。

さてここで注目したいのは、iPhone8(iPhone X)で予測されている画面サイズ5.15インチモデルはホームボタンがなくなったため全面ディスプレイとなる、ということです。そのため、全体的なサイズは4.7インチ液晶搭載モデル(iPhone7)とほぼ同じにも関わらず、ディスプレイそのものの大きさはiPhone7 Plusと同様5.8インチとなる、ということです。

これはでかい。外見デザインのリデザインと共に、パッと見での最も大きな違いのひとつと言えそうです。

また、ホームボタンだけでなくサイドボタンもタッチ式に置き換えられるとの報道も。

容量はどうなるのよ?

これもユーザーにとっては気になるところですよね。

バツっと分けちゃいます

この話題については64GB、256GBの2展開になるとの予測がなされています。32GB容量は廃止される可能性があるということで、より多くの情報を保存できることが優先された形です。

確かにiPhoneに画像や映像などを保存して持ち運ぶユーザーは多く、逆にそうしないユーザーはiPhone8(iPhone X)ほどの機能も必要と思っていない傾向があるように感じます。

いずれのユーザーにも対応する姿勢のようで、今回はiPhone8(iPhone X)と共に、機能やデータ容量を削り、より安価に提供が可能なモデル「iPhone7s」も発表される見通しです。

機能どうなのよ?

防水レベルがすごい

iPhone8(iPhone X)は、防水性能がさらにレベルアップするという情報も出ています。

既にiPhone7シリーズの時点で、iPhoneシリーズ初の防水防塵モデルとして、IP67規格に適合しているのですが、今回はそのうち防水性能が向上。これまでは「規定の圧力、時間で水中に浸漬しても有害な影響を受けない」という、これでも充分すぎる性能でしたが、今回は防水性能としては最高等級のIP68規格に適合。「製造者によって規定される条件に従って、連続的に水中におかれる場合に適する。原則として完全密閉構造である」とのこと。

分かりやすく言えば、水深1.5メートルに30分間浸しても問題ないという、まさに最高レベルの防水性能と言えそうです。

ちなみにいうと、防塵レベルはiPhone7の時点で等級で最高となる「粉塵が内部に侵入しない」に適合していますので、ご安心ください。

バッテリー圧倒的長持ち

iPhoneでいつも不安なのがバッテリー。

モバイルバッテリーを持っていないと不安。。。

なんて方も多いのではないでしょうか。事実iPhoneシリーズはじめスマートフォン市場では、バッテリーの継続時間はカスタマーより非常に重要視される要素のひとつ。各社改善はされているものの、圧倒的に日常に密着しており起動時間が長いため、なかなか難しい課題でした。

しかし今回のiPhone8(iPhone X)では、かなり期待のできる発表があるかもしれません。

iPhone8(iPhone X)は、4.7インチモデルと同等の本体サイズで、5.5インチモデル並みのバッテリー容量を確保する、との予測がなされています。有力な予測では、「バッテリーサイズの拡大のために、基盤を従来の10層から20層へと高密度化する手法が採用される」となにやら難しいことが言われていますが、分かりやすくいいますとバッテリー持続時間がおよそ50%アップということです。

iPhone内に構造上の空きスペースに余すことなくバッテリーを配置し「バッテリー容量を増やしたこと」と、「有機EL(OLED)」採用によるバッテリー消費量の削減に成功したこと」が理由として挙げられています。

指紋認証すら遅れてる?時代は顔認証

iPhoneでパスコード出なく指紋認証になった際「なんて便利な機能なんだ!」と感涙に浸った筆者ですが、そんなものはもう時代遅れみたいです。

Touch IDに代わって3Dレーザースキャナーが搭載されるとの予測がなされており、もはやスマートフォンは顔で開く、というなんとも「ドヤ顔」な展開といきそうです。この顔認証に関しては、技術的には「虹彩認証」との情報も出ておりどうなるかはまだ分かりませんが、どうやら顔認証になる、ということはほぼ確実とみて良さそうです。

また、この3Dセンサーが採用された場合、カメラ機能も格段に向上。なんとARアプリなどにも対応できるとのことで、iPhone8(iPhone X)では撮影の可能性も大きく飛躍しそうです。

もう紐とか全部いらない!ワイヤレス充電

airpodが発売されその人気はものすごい状況が続いておりますが、iPhone8(iPhone X)のワイヤレスレベルはそんなものじゃなさそうです。今回のモデルでは「ワイヤレス充電」になると予想されています。

iPhone7及び7Plusも、今回そうなるのかどうかは意見が割れていますが、iPhone8(iPhone X)ではもはや議論の的は専ら「どこのワイヤレス技術を採用するのか」。ということで、ワイヤレス路線は間違いなさそうです。また、採用する技術が「Qi規格」と呼ばれるものであった場合、androidからの乗り換えでも充電器は引き続き使えるというメリットがあるため、可能性が高いのでは?と騒がれています。ただ、その場合アクセサリーとしての扱いとなり、充電器が別売りになるのでは?と危惧する声も上がっています。

ここだけの話。。。お値段どうなのよ?

apple信者にとっては夢のような性能がずらりと並びました。

筆者はもうお腹いっぱいで買う気満々なのですが、ここでいちばん大切な話をしなくてはなりません。

そうです。お値段。一旦夢から覚めましょう。

iPhone8、12万円?めっちゃ高い説

上記の超高性能機能を搭載したiPhone8(iPhone X)ですが、どうやらめっちゃ高そうです。

iPhone7plusの価格を超えて、11万円以上、最近の為替レートを考慮すれば12万円を超えてくるとのこと。

もはやパソコンです。

いや、機能的にはそのレベルなんですが。

なかなか気張った買い物になりそうです。

みなさまも、テンションそのまま買わないよう、お財布としっかり相談してくださいね。笑

ただ、機能及びデザイン刷新されたiPhone7sに関しては、低めの価格設定になる見込みですので、そちらの検討をされてもいいかもしれません。

とは言ってもね。。。8欲しいですよね。。。がんばりましょう。。。

iPhoneの生産は今年6月にスタート

とのこと。今からソワソワしてしまいます!

appleの株価も絶好調ですね。

今年もおそらく9月に発表される、iPhone 8。

今後の情報がますます楽しみです!

まとめ

今年9月に発売予想されているiPhone8(iPhone X)。

■デザイン大幅刷新。見た目はiPhone4を彷彿とさせるもの?

■5.8インチの有機EL(OLED)ディスプレイを搭載。ホームボタンが無くなり全面ディスプレイになるとのこと

■容量も64GBからと大きめ。その代わり、iPhone7sで安価版も同時発表される予想。

■防水レベルがパワーアップ。もはや水に30分浸かっても大丈夫。

■バッテリーの持続時間が50%向上。これは便になります。

■顔認証でパスコード解除!もはや指紋認証は時代遅れ。。。

■充電がワイヤレスに。イヤホンに続き、紐という紐が無くなります。

■価格は12万円?めっちゃ高いやん。

ではでは!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする