つらい花粉症にオススメ!すぐできる対策&グッズ情報&選び方まとめ

こんにちは。

さるです。

冬もそろそろ終わりが近付いてきましたね。

ぼくは毎日とりあえず起きたらヒートテック、家を出るときはウルトラライトダウン。

鬼のように防寒対策をし、家でもダウンベストでございます。

寒さにはとことん弱く、平気で5枚くらい着ますのでウルトラ着太り&スーパー肩こり持ちです。

そんな生活ともついにオサラバ!!!

春一番、吹きましたね!!!

やっと寒さから解放ー!!!

やったー!!!

と、思いきや!

なんと、驚くべき事実がぼくを待ち構えていました。

そうです。

ぼくは花粉症なのです。

なんという不幸。。。

寒さですっかり忘れていました。

できることならば冬に戻りたい。

カマクラでも作って鍋突ついて、食後にはみかんでも食べていたい。

冬ってそういえばいい季節だったなあ。。。

現実逃避もほどほどに、

自分のためにも(笑)

花粉症対策についてまとめてみたいと思います。

花粉症とは

そもそも、花粉症とはいったいなんなのでしょうか。

花粉症とは、スギ、ヒノキ、カモガヤ、オオアワガエリ、ブタクサ、シラカバなどの植物の花粉が原因となって、くしゃみ・鼻水などのアレルギー症状を起こす病気とのこと。季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれています。昔ヨーロッパでは牧草の枯れ草が原因とされていたため、枯草熱(こそうねつ)とも言われるそうです。

まじかよ病気ですって。

素朴な疑問なんですが、なぜあんなにくしゃみ出るのよ?

まず、人の体は、異物(アレルゲン)-今で言いますと花粉-が侵入するとまず、それを受け入れるかどうかを議論します。

受け入れませんよと賛成多数で可決した場合、「IgE抗体」という抗体の製作に入ります。これは花粉が今後体の中に入ってきた際に異物として認識反応し、鼻や目の粘膜にある細胞の抗体と結合。花粉を外へ外へ追い出そうと頑張ります。この結果、ぼくたちはくしゃみや鼻水・涙が止まらなくなり、また鼻がつまり花粉が中には入れなくなるのです。

花粉症は日本人の25%にも及ぶ

というデータもあるそうです。

4人に1人。その中でも、最も多い70%を占めるのが「スギ花粉」アレルギーの患者ということです。

つ、ま、り!

まさにこれからの2月、3月がピークなのです。

この季節、路上で泣いてる人を見かけたらホワイトデーに振られたリア充の負け組じゃありません。

まず間違いなく花粉症患者ですので、皆さん優しくマスクをあげてくださいね。

花粉症対策、何すれば良いの?

ふざけたことばっかり言ってる場合じゃありません。

もう眼前にリスクは迫ってきています。

今すぐぼくたちにできる対策は何なんでしょうか。

1. マスクの装着

まずはコレです。この季節、晴れたからと言って気分の開放的になってはいけません。

この季節の快晴は「風が強い」んです。

即ち、花粉、めちゃめちゃ飛んでます。

雲ひとつない青空を仰いだ瞬間、あなたにはもう苦しみしか待っていません。。。嘘

しっかりと花粉の侵入を防ぐという意味で、マスクの装着をしましょう。

マスクも今は色々な種類が揃っています。

お近くのドラッグストアでじっくり選ぶことをオススメします。

もちろん効果も大切ですが、この季節は毎日使用するもの。

■耳へのかかり心地

■自分の顔の形へのフィット具合

■呼吸のし易さ

■メガネが曇らないタイプ

などなど、各社工夫を凝らして販売しています。

上の項目をぜひ参考に、選んでみてください。

また、もう奇跡的な発明としか思えないのですが、

マスクをせずとも鼻の穴入り口付近に塗るだけで花粉の侵入を防ぐことができる優れものも誕生。

さらには

スプレー形状で、顔に吹きかけるだけで良いというものまで。

女性には特にオススメです。

2. メガネの装着

またメガネも、花粉症対策とは思えないシャレオツなデザインのものも次々登場しています。

メガネブームはまだまだ留まることを知りません。

ぜひ、この機会にあなたのメガネコレクションに、花粉症対策用をお考え下さい。

店員さんに聞けば、この季節は力入れてますのでたくさん説明してくれると思います。

ちなみに独断と偏見にまみれた筆者調べでは

1. 茶髪毛先パーマ垂れ目気味フチ無しメガネ君

2. 黒髪前髪ありポニーテールフチありメガネちゃん

このお二方は説明が非常に丁寧です。笑

特に女性、コンバースを履いて入れば完璧です。

超メガネ好きです。

異論は受け付けません。笑

番外編 : ワセリンの圧倒的な万能感。

もっと簡単に同効果が見込める対策としては、

ワセリンを鼻の中に塗ることです。

■鼻の粘膜を保護してくれる

■鼻の入り口で花粉のキャッチャーになってくれる

■肌の保湿をしてくれるので、鼻の下にも塗れば、鼻のかみ過ぎでの炎症を抑えてくれる

などの神対応をしてくれます。

目にも同様で、目の周りに塗ることで効果が見込めるようです。

ただ、こまめに塗ることが必要になってきますので、くれぐれもご注意を。

あくまで、マスクやメガネとの併用が良さそうです。

3. コートを選ぶ

体内への花粉の侵入を防いだとて、衣類にはどうしても花粉は付着してしまいます。

これを家の中に持ち込んでしまったら大変です。

もう軽く世紀末です。

帰宅時には衣類に付着した花粉を落とすことを忘れずに。

しっかりと家に入る前に叩く、もしくは玄関で粘着テープで花粉を取るなどの対策をしてください。

とはいえ、仕事帰り疲れているのに、家に帰ってまで玄関でまず花粉取り、なんてのも面倒です。

ということで、コート選びもとても大切です。

ウールなどの起毛素材ではなく、花粉が付着しにくい、ツルツルしたステンカラーコートなどがオススメです。

特にあの有名イギリスブランド「マッキントッシュフォロソフィー」から出た「花粉プロテクトコート」は筆者も検討しているところ。

生地表面に付着した花粉などのアレルギー物質の働きを抑制する特殊加工を施したポリエステルのツイル素材で、撥水性、ストレッチ性に優れ、なんと家庭用洗濯機での洗浄も可能。

詳しくはこちらから

この手のコートは、各社力を入れ出しているようで、他社でもちらほら販売されています。

この機会に、ぜひご検討を。

また、もし起毛系素材のコートなのであれば、花粉が付着しにくくなる「静電気抑制スプレー」も最近は各社販売しています。

こちらのご検討もぜひ。ぼくは使ってます。

3. 洗濯グッズも重要

これは鉄板ですね。

うちはもう風アイロン付きの洗濯機を購入しました。

部屋干しです。外で干すのも気持ちよくて楽しいのですが。。。

花粉症の苦しさには勝てず。

とにかく身に付けるもの、そして自宅内に花粉を入れることは「ダメ・ゼッタイ」です。

もし部屋干しが難しければ、これまた花粉が付着しにくくする洗剤も出ているようです。

ただ、あくまでオススメは以下の通り。

【1】乾燥機付き洗濯機

【2】部屋干し→部屋干し特有の匂いを抑える洗濯洗剤を使用!

【3】外干し→花粉付着を抑える洗濯洗剤を使用!

風アイロン神です。

ただ、結構値も張りますので、ぜひ花粉対策がされている洗濯洗剤を選ぶことをオススメします。

いかがでしたか?

あくまで自分の体ですので、合う合わないはあると思います。

チョイスの基準として参考にしていただいて、お互い花粉対策バッチリの状態で挑みましょうー!

また、

改めて「そもそも発症を抑えるためにできること」もまとめてみたいと思いますので

気長にお待ちくださいね。

ではではー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする