KANA-BOON飯田、引退騒動清水富美加との不倫告白!番外編 : キノコカットに物申す。

こんにちは。

さるです。

最近気になるこのニュース。

清水富美加さんの電撃引退宣言から約2週間が経ちましたが、

その衝撃冷めやらぬ中、また世間を騒がせるニュースが飛び込んできました。

人気バンドKANA-BOON(カナブーン)のベーシスト飯田(めしだ)さんが

清水さんとの不倫を告白したと言うのです。

さらなる波紋、そしてゲスに続きまたもや人気バンドの不祥事。

「他のメンバーがかわいそう!」と思ってしまいますが

情報が色々と錯綜しておりちょっとこの話題でネットも興奮状態ですので

ここでひとつ深呼吸。

しっかりまとめてみようと思います。

事の発端

朝ドラ『まれ』でヒロインの同級生役を演じて一躍注目を集め、その飾らない人柄でバラエティーにも引っ張りだこだった人気急上昇中の女優・清水富美加さん(22)が、宗教団体「幸福の科学」への出家を理由に突如芸能界引退を発表。2月12日に教団関係者が会見を行い、清水富美加さんの直筆のメッセージを公開しました。教団の発表によれば清水さんは「奴隷労働」のような形で働いていたとのことですが、所属事務所レプロはこの主張に真っ向から反論。また引退宣言から1週間で法名「千眼美子」名義で告白本「全部、言っちゃうね」を出版し、その早さがまた注目されるなど、様々な分野を巻き込み波紋を呼んでいます。

ここにまさかの不倫騒動も

そんな引退騒動真っ只中、さらに関連ニュースが飛び込んできました。

ロックバンド「KANA-BOON(カナブーン)」のベーシスト、飯田(めしだ)祐馬さん(26)と不倫していたことが発覚。飯田さんは21日、報道各社へのFAXで「既婚の身であることを隠し、清水富美加さんと交際をしていた」ことを告白。「清水さんや妻を傷付けてしまったのは事実であり、その事実に誠意を持って向き合い、深く反省しております」と、清水さんとの不倫関係を認め謝罪しました。

報道によれば、飯田さんは14年4月に一般女性と結婚したにも関わらず、共演をきっかけに意気投合した清水さんと交際を開始。これが15年6月。この際、既婚であることは隠していたようですが、3ヵ月後に告白し謝罪。しかし奥様との離婚を仄めかし、16年1月まで関係を続けていたとのこと。

この時ちょうどゲスの極み乙女のボーカル川谷さん(28)とベッキーさん(32)の不倫騒動が公になっていたことから、「これが原因なんじゃないの」と一部ネットでは騒がれています。

清水さんは告白本「全部、言っちゃうね。」の中で「悩みの種だった好きな人も忘れました」と意味深なことも話しており、引退の一因なのではとの憶測も広がる始末。

清水さんが司会を務めており、一連の騒動により出演キャンセルしたNHK総合「シブヤノオト」の12日の放送にはKANA-BOONが生出演。あわや再会となるところでした。

ちなみにKANA-BOONてなんなのよ

大阪府堺市出身、2006年結成の実力派ロックバンド。

ボーカル&ギター谷口さんを中心に、ギター古賀さん、ベース飯田さん、ドラム小泉さんの4名構成。「ないものねだり」や「フルドライブ」など、疾走感があるメロディラインと等身大の歌詞が共感を呼び、10代、20代を中心に支持を集めています。筆者の好みかと言われれば迷うところですが、確かに初めて聞いても彼らの曲と一発でわかるような、ブランディングバッチリなグループです。J-WAVEで彼らの曲が1日に1回は流れる、今大人気のバンドです。

芸能界の反応は?そして復帰は?

この事態を受けて、芸能界各人がコメントをしています。

坂上忍さんやカンニング竹山さんなど、宗教観に関して個人の自由だとしながらも

「事務所としっかりけじめをつけずに辞めるのは良くない」

「仕事は仕事、最後までしっかりやるべき」

「芸能人として発言の影響力を自覚するべき」

などと言った厳しい指摘が相次ぐ中、精神的に追い詰められていた状況を擁護する声も上がるなど

芸能界にも大きな波紋を呼んでいます。

おぎやはぎの矢作兼さんは、フジテレビ系「バイキング」にて清水さんが、自分の好みのタイプがカナブーンの飯田(めしだ)祐馬さんだったと語っていたことを明かしました。

「みんなですごい悪口言った。こんなの、どこがいいんだって。ひがみで。あんな可愛い子が悔しいじゃん」と、飯田さんのキノコ頭の独特な風貌に、難癖をつけていたことを明かした。

これまた飛んだとばっちりですが、ネット紙コメント欄ではマギーさんとHi-standardの横山健さんの不倫疑惑も改めて浮上する始末。

さらには松田龍平さんと太田莉菜さんも離婚に向けて動き出している情報も。。。

芋づる式にどんどん不倫に離婚話が出てきています。

この話題は当分鎮火しそうにありません。。。

芸能界復帰に関しては教団側がそもそも引退を否定しています。ただ、現状清水さんが出演キャンセルをした番組や映画への対応に芸能界が追われている中で、復帰話は全く進んでいないのが現状とのことです。特に、所属事務所レプロよりも、清水さんとの共演が多かったジャニーズ関連への影響も大きいようで、今後復帰という話にもしなった場合に、こちらの問題が大きく壁となってきそうです。

代役は?

さて、第3者的に気になるのは、清水さんの出演予定だった映画の代役ではないでしょうか。

清水さんが出演予定だった11月公開の「泥棒役者」ですがその代役が決定。

石橋杏奈さんと発表されました。

石橋さんは1992年7月12日生まれ。2006年のホリプロスカウトキャラバンでグランプリを受賞し芸能界入り。モデルや女優で幅広く活動し、最近ではNHK「LIFE!~人生に捧げるコント~」で星野源とも共演しコントに挑むなど、多彩な才能を発揮しています。今回清水さんの代役抜擢についてはコメントは公表されていないですが、ネット上では応援する意見が相次いでいます。

石橋さんにとっては大きなチャンス。ものにしてほしいものです。

番外編 楽しい方がいいので、おしどり夫婦の情報を積極的に伝えてみる。

不倫騒動にやんややんやと世間は騒いでおりますが、やっぱり楽しいニュースが見たい!

ということで「波風ゼロ。おしどり夫婦まとめ」

やっぱり平和が一番でしょう。

 1. 芳賀文子&所ジョージ

言わずもがなベスト夫婦でしょう。

所さんは様々な名言を残していますが、そうやっていられるのもこの奥様のおかげ。

奥様のご飯が食べたくて、収録が終わったらすぐに家に帰るみたいですよ。

2. 北斗晶&佐々木健介

15年度理想のママランキング1位を獲得した北斗さん。最近まで癌との闘病生活をされていましたが、それを献身的に支える健介さんの姿が印象的でした。筆者はこのふたりが大好きです。(告白)

3.渡辺満里奈&名倉潤

笑う犬世代としては一番嬉しい芸能人同士の結婚ですね。笑

名倉さんが、早く家族に会いたいからと仕事が終わると速攻で帰るという愛妻家っぷり。

世の中の旦那様がた、新橋で終電まで飲んでる場合じゃないですよ。

いや、おしどり夫婦はたくさん!いいことですね。安心しました。

確かに浮気、不倫騒動は話題にはなりやすいですが、もう少しこういう方々のほんわかエピソードもしっかり伝えてほしいですな、記者のみなさま。お願いします。

番外編2 バンドマン×キノコ頭は浮気性説を考えてみる。

(ここからは筆者の独断と偏見による妄想ですので悪しからず。)

昨年1月にセンテンススプリングされたゲスの極み乙女のボーカル、川谷絵音氏。

そして今回、不倫の事実を認めたカナブーン飯田祐馬氏。

いずれも

■決していわゆるイケメンではない

■早めに結婚

■バンドカラーとしては特殊、唯一無二の存在感

である彼らのもうひとつの共通項「キノコ頭」

筆者はこの頭に一言物申したい!と思うわけです。

彼らはモテてなかったから売れた

顔をなるべく隠すヘアスタイルという点から、

彼らはモテた経験をしてこなかったんだと思います。

また、であるからして彼らは売れているのです。

僻み妬み嫉みなどと言った感情は、人がうまく表現できない部分であり

且つできたとしても表立ってそれを伝えることは難しい。なぜなら恥ずかしいからです。

しかしそれらが、人を最も悩ませストレスを感じさせる感情であることも確か。

そういった誰しも抱えている「恥ずかしい思い」や「ケツの穴の小さい感情」を、音に乗せて思いっきり歌っていることで、この2バンドは大きな共感を得ているんだと思います。

言うなれば「代弁者」。しかもそれを湿っぽい音ではなく、ガンガン叫んでいるのがまた良い。

そうして公にならなかった思いを歌う中で、ストレス社会で共感を呼んでいったわけです。

そして急にモテた

ミュージシャンは売れたらなぜかモテます。

彼らも例外なく、モテたんでしょう。時にミュージシャンは神格化すらされます。音楽が自分を救ってくれた経験ってないでしょうか?ロックバンドなら尚更、若年層において、それは往々にしてあると思います。急にモテて舞い上がっちゃったんでしょう。

遊びたいけど遊べない

既婚で後先考えずに他の女性に手を出すというのは、結婚に対する考えが甘い証拠です。すなわち、女性経験が足りない証拠。既婚であることを隠し切れず言ってしまうことや、離婚を仄めかしズルズル付き合っていくことからも「遊び」でなくだんだん「マジ」になってしまっていることが分かります。

昨今はりゅうちぇるらの「中性的男性ブーム」もありかなりジェンダーフリーな髪型のキノコ頭の人たちにとってかなり「ちょうど良い」タイミングでもありますし、昔発散できなかったものが一気に爆発しちゃったのだと。一線を越えるという覚悟も持たないまま本能のままに進んでしまい、一方がバレて初めて事の重大さに気付いたのだと。

以上より

芸能界において、キノコカットという髪型には、以下のことが言える気がします。

■顔を隠すという髪型は、昔モテなかった事の表れ。

■女性に対して経験値低めであり、結婚に対するリテラシーも低い。

■「付き合い」感覚であるために、バレなきゃいいんじゃねという慢心がある。が、女性経験が少ないが故に「遊べない」からタチが悪い。もはや「浮気性」でもなく「本気」になってしまう。

今回は辛口でお届けしてみました。

これをきっかけに、改心して、さらに良い音楽を届けてほしいものです。

図らずも、筆者のベーシストはモテる説が、ここでも実証されてしまいましたね。笑

まとめ

■世間を賑わせている女優・清水富美加さんの「芸能界引退騒動」。そこに新たに不倫騒動が加わり、事態はさらに深刻になっています。

■お相手は人気バンドKANA-BOONのベーシスト、飯田さん。

■共演をきっかけに親密になったふたりは交際をスタート。飯田さんは既婚であることを隠していましたが、3ヶ月後に告白し謝罪。しかしその後も奥様との離婚を仄めかしつつ、交際を継続。

■その後破局しましたが、今回の引退騒動の中で飯田さんが公にそん事実の告白し謝罪。

■清水さんの芸能界復帰の話は目処が立っていないですが、芸能界からは引退の仕方に疑問を感じている方も多く、なかなか厳しいご様子。ジャニーズ事務所の影も。。。?

■そんな中清水さんの出演予定だった映画「泥棒役者」の代役が発表。石橋杏奈さんに決定しました。

■不倫騒動も多いですが、芸能界にはおしどり夫婦もたくさんいますよ!

■バンドでキノコカットの人には要注意かも。という筆者の妄想

ではでは!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする