大人気・マツコの知らない世界!東京で食べれるダムカレーはどこ?

大人気テレビ番組「マツコの知らない世界」

様々なニッチな世界に異常に詳しい素人さんたちがマツコ・デラックスさんに対してその世界の魅力のプレゼンテーションをして、その世界を知ってもらいあわよくば好きになってもらおうという人気テレビ番組です。

ここで紹介されるサービスや商品はその次の日から完売御礼!ということもあるくらい、今や大人気の番組です。またマツコさんの素人さんに対しても変わらない歯に絹着せぬ物言いが本当に面白い!ただ単純に面白いだけでなく、ためになる情報も提供してくれるので、筆者もお気に入りの番組です。

そんな「マツコの知らない世界」で本日(2月28日)紹介されたのは、「ダムカレーの世界」

実は2007年に一度ブームになった「ダムカレー」。

実はまた、ジワジワとブームが再燃しているのです。

ということで、

本日はダムカレーについてまとめてみようと思います!

ダムカレーって何?

「ダムカレー」とは、カレールーをダム湖、ライスを堤体として、全体をダムに見立てて成型されたカレーライスのこと。

あくまで皿の上のレイアウトの話であり、要するにカレーライスである。

しかしライス(堤体)を崩壊させてカレールー(ダム湖)が勢い良く流れ出る様子は一度体験するとなかなか面白く、意外とはまってしまいます。お店によってこだわりがあり、トンネル型のライスにトッピングでフタをしカレールーを止めるなどのマニアには垂涎ものの工夫もあったりします。

ここでもう一度、念のため言いますが、要するにカレーライスです。

ただ、そこにはカレーを超えたロマンが入っているのです。と、ダムカレー好きの筆者友人は語っておりました。

意外と人気?ダムカレー

知る人ぞ知る、という感じですが、そんなことはございません。

ダムカレー人気はじわじわと広がりを見せており

2017年2月現在、国内で94種類以上を数えるほどの規模になってきています。

なんと「日本ダムカレー協会」も立ち上がり、全国各地のダムカレー情報をまとめられています。

勢いはまさに堰を切った水のごとく。

2017年大注目のカレーです。

ダムカレーといえば

さて、そのロマンに溢れたダムカレーですが、一体どこで食べられるんでしょうか。

元祖ダムカレーと言えば「黒部ダム」のものが有名です。

黒部ダム?

富山県の中新川郡立山町に1963年に建設された、雄大な北アルプスの大自然に抱かれているダム。黒部ダムという名称から、所在地が黒部市であると思われておりますが、それは誤解でございます。黒部市はダムから流れる黒部川の中流~下流にあり、海に面しています。地上高は186m。これは日本最高、世界でもトップクラス。観光で訪れることができますよ。圧倒的な迫力。

怖、めっちゃ水あるやん、て思います。

黒部ダムカレー?

ここで食べられるのが「黒部ダムカレー」お値段1000円。

観光に行った際に、ダムレストハウスでいただくことができます。特徴は「めっちゃダム」ということです。

カレールーはほうれん草が入っているため若干緑色。なかなかリアル。ダムの堤体に見立てたライスはかなりの高さと固さでまさに日本一の高さを誇る黒部ダムの迫力そのもの。マカロニサラダは放水の水しぶきを表現しているそうです。パセリや紅ショウガは周囲の自然を表現しているとの若干無理矢理感が否めない情報もあり、ダムカレーファンの間には、カレーの全てに意味を見出しがちな見えないものを見ようと望遠鏡を覗き込むBUMP OF CHICKENさんもいらっしゃるようです。

チキンカツも乗っており、かなりボリューミー。

チキンカツは遊覧船、といったところでしょうか。

東京で食べられるダムカレー

まだまだこれから広がっていくであろうダムカレー。

東京で食べられるダムカレーはこちら。

もう予約が殺到しているかと思いますが、是非食べてみて。

割烹 & Japanese Restaurant 三州家

東京都墨田区にございますこのお店。要予約の、創業明治22年の老舗割烹料理店です。

お味は割烹ということでマジで美味。和風ビーフカレー。

2007年にも実はダムカレーブームがあり、その際に販売を開始したそうです。

あくまでダムカレーは見るものとして、1/1000スケールで忠実に形を再現しているというこだわりっぷり。

アーチ式ダムカレーの他、重力式ダムカレー、ライスフィルダムカレー、アースダムカレーが食べられます。それぞれのダムの型式を忠実に再現したダムカレー。

アーチ式ダムカレーは、アーチ式コンクリートダム同様、カレーの圧力を周りの皿に逃して堰き止める構造。重力式ダムカレーは、自重でカレーの圧力を支え、ルーを堰き止めます。

アースダムカレーには、本物のアースダム同様、犬走りが刻み込まれており、忠実にダムを再現しております。

割烹でもレストランでもいただくことができます。ディナー、ランチ問わず注文できますが、実は「隠れメニュー」で、メニューには載っておりません。

4種類あり、

アースダムカレー 630円

アーチ型ダムカレー 735円

重力式ダムカレー 840円

ライスフィルカレー 945円

カレールーのお味は変わらず、ライスの量が違います。

奥多摩 水と緑のふれあい館

東京都西多摩郡にございますこちらのお店。

豊富な具材での工夫が随所に見られ、他のダムでは見ることのできないドラム缶橋、これを模した野菜がかわいいダムカレー。また、スープも付いてきます。

奥多摩湖の小河内ダムを模したこちらのダムカレーはまさに都民のためのカレー。

ちなみに豆知識ですが、このダムはめったに満水にならないらしいです。

いかがでしたか?

全国には90種類以上ものダムカレーが存在しているということなので、皆さんぜひお試しあれ!

ではでは。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする