りゅうちぇる、おバカ強烈キャラ卒業!?そのイケメンな素顔にちょっと迫ってみる。

こんにちは。

さるです。

最近ぼくが個人的に注目しているタレントさんがおりまして。

みなさんご存知、りゅうちぇるさんでございます。

筆者は基本的にバカがテレビに出ているのが最も嫌いで、

ヘキサゴンなども全然好かなかったんです。

お笑い芸人さんらの地頭の良さそうな掛け合いとかは勉強になるので大好きなんですが。

ロンドンハーツなどの番組よりも、おばかさんがテレビで話している方がよっぽど教育上良くないと思っている派です。はい、なんの話でしょうか。

さて、りゅうちぇるさんが出てきた際も、ああ、またこういう人が出てきたのね、とチャンネルを変えたことを覚えています。

ただ、その後、りゅうちぇるさんはモデル・タレントとしてテレビだけに留まらず活躍の場を広げ、

今や「超愛妻家」「若者のアイコン的存在」といった確固たるブランドを確立しています。

彼がただのおバカではないということで、ちょっと個人的に申し訳なさと、実際どんな方なのか、という興味が出てきたので、彼についてまとめてみたいと思います。

まず「りゅうちぇる」って誰なの?

1995年9月29日生まれの21歳。沖縄県宜野湾市出身の男性読者モデル・タレントさんです。

本名は比嘉龍二(ひがりゅうじ)。妻はファッションモデルのぺこさん。

おじいさまがアメリカ人。5人兄弟姉妹の末っ子。あの濃いお顔は沖縄ということだけじゃなく、アメリカの血もあったからなんですね。

アパレル関係の仕事に就きたいという思いで、高校時代アルバイトに勤しみ、自分でお金を貯めて単身上京。卒業の3日後ということですからその行動力には驚きです。

筆者は高校卒業3日後は、やることがなくてひたすら指のささくれをむいて一日が終わった気がします。

上京後、読者モデルとして活動しつつ、原宿の古着屋SUPER WEGOでもスタッフとして勤務。

テレビ出演前より「ジェンダーレス男子」として注目され、金髪カールヘアに1980年代アイドルを思わせるヘアバンド、濃すぎる頬紅、そしてカラータイツという目立つほかない風貌、そして天然なキャラクターと自由奔放な振る舞いや言動というまさに「超強烈なキャラクター」でブレイク。ネットを中心に話題を呼びメディア露出が増加しました。さらに人気を集め、原宿系ファッションのアイコン的存在として確固たる地位を築きます。古着屋スタッフ時代からの知人であったぺこさんとも、この時期交際を開始。ぺこさんはりゅうちぇるさんに一目惚れだったみたいですね。

ブレイク自体はぺこさんが先で、当初は「ぺこの恋人」というオマケ的立場で「行列のできる法律相談所」でテレビ出演。明石家さんまさんとギャグを生み出すなど話題になり、以降カップルでのテレビ出演が急増。出身は「ちぇるちぇるらんど」などの意味不明な言動で、バラエティで人気を得ました。

「ぺこりゅう」「りゅうぺこ」などと呼ばれ、今やテレビで見ない日はないほどの活躍ぶりです。

散々「ビジネスカップル」とネットでは呼ばれていましたが、2016年末には結婚。

りゅうちぇるさん自身は現在レギュラーは3本、準レギュラーは7本という多忙っぷりです。

「りゅうちぇる」のここがすごい

超真面目、そして真っ直ぐ

さて、

その中でも彼の評価を一気に押し上げたのが「情熱大陸」への出演でしょう。

おバカな奔放キャラで売り出していた彼ですが、この回では自身の置かれている状況も冷静に分析しつつ、一発屋としてではなく、自ら足場を固め、しっかり歩いていこうとする「真面目」な一面を見せました。自分を曲げずに貫く姿勢を見せながらも、「ぺこりんを守るためなら、仕事にこだわらず、自分のプライドを捨ててまでも頑張りたい」という強い想いも告白。

りゅうちぇるさんの人間としての、そして男としての強い思いに世間からは賞賛の嵐。

また、ぺこさんとの、お互いに尊敬しあう関係に「理想的な夫婦」との声も多く聞かれました。

若者のリアル、そして理想の象徴

最近では、これまでのぺこのオマケ的立ち位置から「ビジネスおバカだったのか」と思わせるほどの、場の空気を読んだ機転の利いたトークを展開し、ピンでの出演も多くなっています。元々の「強烈なおバカキャラ」キャラクターから上手に愛らしさだけを継続し、“若者の代弁者”としての地位を確立。藤田ニコルさんら競争の激しい「おバカ路線」から一線を画し、その幅を自然に広げつつあります。

最近ではストレートヘア&普通メイクでメディア露出することも増えていますが、りゅうちぇるさんがすごいのはそれに全く違和感がないことです。「あれ、イケメンじゃん」とう程度。いや、考えてみれば元々ふつうにイケメンですよね。

「イケメン」を感じさせないくらいの強烈キャラだけでもすごいのに

「強烈キャラ」が無くなっても素直に「イケメン」と思わせる。これはすごいことですよ。

彼の素直さがそうさせているのか、と筆者は思います。彼には人に対して「素直でいること」以外の対応ができないのではないかと。嘘偽りのない素直さがテレビ越しにも伝わってくるので、格好やキャラに対しても、その瞬間の彼しか、ぼくらは受け止められない。彼にとっても、その瞬間、その彼しか存在していないのでしょう。

あれだけ「キャラ発進」したにも関わらず、多くの芸能人が苦しんでいるキャラ変更を、難なくやってしまっている点に、彼の風貌だけではない魅力を感じます。

こういった自分に正直に生きる姿勢もまた、若者のリアルな心情を体現していると思います。

ですから、同年代からの圧倒的支持があり、また大人にとっても、嘘偽りのない若年層のリアルを感じられる貴重な存在なんですな。

がっつり正論を述べる

さらに、最近のりゅうちぇるさんの発言は「おバカ」という枠を超え、核心を突いた見解を述べるシーンも増えてきました。

とあるバラエティーに出演した際、「日本的な職業は日本人がすべきか否か?」との議論がなされました。その際りゅうちぇるさんははっきり「反対」を主張。賛否両論ある中、「普通にある中華料理店とかイタリア料理店も全然日本人がやってるし、普通においしい。だから、そういう考えは古いと思う」と自身の見解を述べました。

別の話題では、カジノの誘致先として「沖縄推し」するホリエモンこと堀江貴文さんに、「(カジノを)作るとしたら日本の無人島。本当に何かが起こっても、何も迷惑をかけない。何もなかったところにポンと建てて、みんなが週末お休みをもらって、船とかで行けるような距離感がいいな」と発言し、沖縄育ちならではの主張をホリエモン相手に展開しました。

また、別のバラエティーでは、訪れた飲食店にて店員より浮気を迫られるも、ぺこさんへの思いを丁寧に伝えはっきりと拒否。こちらも世間より大きな支持を得ました。

言いたいことも言えないこんな世の中じゃ~とありますが、まさにそんな中、芸能界の中でも己を貫いているりゅうちぇるさんには、ご意見番としての注目も集まっているわけです。

番外編 : 筆者がすごいと思うおバカキャラから見事に転身したひとたちまとめ

1. つるの剛士

「クイズ!ヘキサゴンll」(フジテレビ系)でおバカキャラとしてご活躍されたつるのさんですが、今や2男3女の大所帯の大黒柱。育児を積極的にこなす「イクメン」として再ブレイク。育児のためバラエティ出演の機会はセーブしているにも関わらず、「イクメン=つるの剛士」というくらいの見事なキャラ転身をされました。

また有名ソングを独特の美声でカバーするシンガーとしてもブレイク。「つるのおと」「つるのうた」の2枚のアルバムの売り上げは累計60万枚を突破。また将棋やトランペット、バス釣り、サーフィンなど、趣味も多彩。本当におバカキャラだったのか、というほどの多才っぷりです。

2. 里田まい

こちらも「クイズ!ヘキサゴンll」(フジテレビ系)出身。今やみなさまご存知、日本人スポーツ選手で最も世界に知られる方のひとり、メジャーリーガー田中将大選手の奥様です。当初は叩かれたりもしましたが、今やそんなひとはいないでしょう。旦那様のために料理のスキルも習得しサポート。その健気な一生懸命さが世間のハートをがっちり掴みました。持ち前のポジティブな性格で、英語圏での生活もなんのその。田中選手も感心するほどの順応っぷりだそうです。これほどの方の奥様であれば完全にセレブの仲間入りという感じですが、本人のSNSアカウントからもそんなニオイが全くしない点も、好感度高めです。おバカキャラ卒業というより、こちらもりゅうちぇるさん同様「愛されキャラ」としての地位を確固たるものにされた印象です。

3. ローラ

こちらも多忙も多忙。ローラ様。天真爛漫なおバカキャラでバラエティーで見ない日はございません。ただ、この方ファッション業界では世界的に有名。インスタグラムアカウントは投稿すれば世界中から数十万いいね。世界的ブランドからもラブコールが絶えない超有名人です。さらに最近では料理の腕前もものすごいと注目され、本も出版。さらにはバイオハザードでハリウッドデビューと、その活躍はとどまることを知りません。それでもバラエティーに出ればいじられキャラという、振り幅のものすごい、未だ例の無い貴重なキャラクターとして芸能界で唯一無二の存在です。

いかがでしたでしょうか?

人は見た目で判断しちゃいけないなあと、筆者は改めて思いました。

今もし周りに苦手なひとがいたとしても、歩み寄れば思いがけない発見があるかも?

また、りゅうちぇるさんのように、素直さを忘れずに真っ直ぐ生きていかなければと思いました。今後の更なるご活躍を期待しております!

ではでは!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする