みんな大好きスターバックス。元店員が教える明日から使える”通”のカスタム、裏技、豆知識まとめ!

こんにちは。

さるです。

さてさて、本日のテーマはこちら。

今回は「みんな大好きスターバックス」の豆知識についてまとめてみたいと思います。

筆者も作業する時や勉強する時は決まってスターバックス。

そんなスターバックス、生まれて初めて入るときにはドキドキしたものです。

コーヒーを初めて飲んでその苦さに悶絶したとき、少し大人になった気がしたものです。

今回はそんなスターバックスでの知られざる注文テクニックや、知ってるとちょっとスタバに行くのが楽しくなる豆知識をお届けしたいと思いまーす!

それでは〜スタート!

Contents

スターバックスとは?

「スターバックス・コーヒー」は、アメリカ・シアトル系のエスプレッソカフェの代表格で、全米第1位。かつ世界最大のカフェチェーンであります。

バークレイのコーヒー販売店「ピーツ・コーヒー」で深煎りのアラビカ種のコーヒーに魅せられた英語教師のジェリー・ボルドウィンさんと作家のゴードン・ボーガーさんが、1970年にシアトルでコーヒー店を開くことを決意。歴史教師のゼブ・シガールさんが加わり、3人で1971年4月にアメリカ・ワシントン州のシアトルでコーヒー豆の焙煎・販売会社として「スターバックス」を創業しました。有名な1号店は、シアトルのパイク・プレイス・マーケットにあります。

1982年に店舗運営とマーケティング部門の役員として入社したハワード・シュルツが、イタリアのバールで飲んだエスプレッソの味に感動しアメリカでのエスプレッソ・カフェの展開を提案。しかし、コーヒー豆の販売店にこだわった創業者陣はこれを拒絶。1984年にシュルツはスターバックスを退社し、エスプレッソカフェの店「イル・ジョルナーレ」をはじめました。この店で成功したシュルツは、1987年にスターバックスを買収し、現在のスターバックス・コーヒーに至るわけです。

みなさんハワードシュルツさんのことは知っていても、創業者ではないことは初耳なのでは?

スターバックスも、色々な大人な事情があって生まれたんですね。笑

エプロンで分かるバリスタのレベル

スターバックスの勤務者は「パートナー」と呼ばれており、バリスタとしての知識とスキルやコミット具合によって様々な等級に分けられています。その中でも最も分かりやすい見分け方がエプロンのカラー。ふつう、スターバックスのバリスタはグリーンのエプロンを身につけています。

が、時々見かけるブラックのエプロン。なんだかひとりだけ違うオーラ出してますけど、一体あの人はなんですの?

実際、スターバックスで働くパートナーの数は全国で約3万人。そのうち、ブラックエプロンを持っているパートナーは1割以下の2782人

年に1回の試験に合格し、コーヒーに対する深い知識を持っていると判断されたパートナーにのみ与えられる、パートナーであれば誰もが憧れる称号なのです。

ちなみにその合格率は4%~12%。まさに選ばれしものなのです。封印されしエクゾディアなのです(違う)。

各店舗に必ずブラックエプロンがいるとは限らず、もし見つけたあなたはラッキー。

もちろんグリーンエプロンのパートナーさんも懇切丁寧に対応してくれますが

自宅用のコーヒー豆を買いたい場合や、

より詳しいコーヒーの風味の説明が聞きたい場合

ぜひブラックエプロンのパートナーに話しかけてみてください。

自分の知らなかったコーヒーの深い世界が見えてきます。

ちなみに、ブラックエプロンさんしかいない店舗もあるんです。

それが「スターバックス・コーヒー 新宿マルイ本館2階店」

興味がある方はぜひ行ってみてくださいね。楽しいですよ!

ドリンクが美味しいバリスタの見分け方

高いクオリティのドリンクを提供していますスターバックスですが、チェーン店とはいえ、バリスタの裁量が大きいのも特徴のひとつ。有名な「just say yes」の精神のもと、接客も大枠の決まりはあれど、ひとりひとりがお客様を思う精神でオリジナルの瞬間を作り出しており、ドリンクも一点ずつ、それぞれのバリスタが真心込めて作っています。そのため時間帯やバリスタによって、ドリンクの味も少しずつ変わってきます。それがまた、ひとつの楽しみでもあるわけです。

でもせっかくお金を払って同じドリンクを飲むのであれば、より美味しいドリンクが飲みたいもの。

筆者が独断と偏見100%で、美味しいドリンクを作るバリスタさんを見分けるコツをお教えしちゃおうと思います。

ショートサイズのカプチーノを頼めば分かる

カプチーノで、バリスタの実力がわかります。

エスプレッソのクオリティももちろんですが、スターバックスでは何と言ってもミルクのスチームがドリンクのレベルを左右します。カプチーノは、よりクリーミーなフォーム(ミルクの泡のことです)を作るスキルが必要で、且つ少量のミルクでそのクリーミーさを実現するのは、かなりのスキルを要するわけです。このドリンクをしっかり作れるバリスタさんは、他のドリンクも美味しい可能性が高いです。

特に、フォームミルク多め(これを”ドライ”と言います)または豆乳バージョンをオーダーしてみると、これはさらに難しいので、さらに深い実力を測ることができます。これらを上手に作るバリスタさんは、もう完璧です。

丁寧さは抹茶ティーラテで分かる

抹茶ティーラテって美味しいですよね。。。筆者の大好物で同じバリスタさんにオーダーしてよく飲むのですが、こちらもクオリティに差が出てくるドリンクのひとつ。とは言ってもこちらはスキルというより、どれだけ丁寧にドリンクを作ってくれたか、そのバリスタさんの優しさが分かるのです。

抹茶ティーラテはお抹茶のパウダーが入っています。とにかくこれが曲者でなかなか溶けづらいのです。

しかしこれがしっかり溶けているかどうかで、このドリンクの美味しさに天と地の差が出てきます。

ミルクを注ぐ前に、しっかり念入りに混ぜて抹茶が溶けているか確認しているバリスタさんと出会ったら、一生大切に付き合ってください。笑

オフィス街のスターバックスに朝いるバリスタさんはスキル高い説

これこそ偏見すぎて筆者も書いていて笑ってしまうくらいですが

感覚としてはこれがあながち間違いじゃないというのが本音です。

オフィス街というのはそれこそ常連さんが多いのが特徴で、オーダーもどちらかというとフラペチーノよりもコアメニューのコーヒー、ラテ、カプチーノなどが大部分を占めます。また会社の通勤時間や休憩時間はほとんど変わりませんので、それは大変な忙しさになります。

そのため、ドリンクを素早く作るスキルがすごく高いのです。また常連さんですので、自分が毎日飲むドリンクについては下手なバリスタよりも味を良く知っています。

ですので、オフィス街のスターバックスのパートナーは、総じてドリンク作成スピードが高い上に、そのクオリティも高いというわけです。何回も言いますが、これはあくまで筆者の独断と偏見です。笑

ちなみにひとつコツとしては、オフィス街のスターバックスは、朝の通勤ラッシュと昼のランチピーク時間帯の後、つまり午前10時と午後15時は比較的空いている時間。ということは、スキルの高いバリスタさんが、自分のためだけに時間をかけてドリンクを作ってくれる可能性が高い時間帯、というわけです。こちら狙って一度行ってみては。

逆に、フラペチーノ系の「若者に人気のドリンク」に関しては、観光地や行楽地のスターバックスが強い印象。渋谷やお台場など若者の集まる店舗のバリスタさんはかなりレベル高めです。

さらに余談ですが、高級住宅街にあるスターバックスもまた、お味にこだわりを持つお客様が多いため、個人のバリスタにファンが付くくらい、スキルの高いパートナーさんが多い印象です。

ドリンクを作っていて忙しくても話してくれる

ドリンクを作るだけでも忙しいバリスタ業務。ドリンクを一生懸命作って、出す際に半ば叫ぶように「○○でお待ちのお客様ー!」とお客さんとコミュニケーションを取っているバリスタさんもいますよね。気持ちはわからなくもないけれど、スターバックスではもう少し穏やかな気持ちでコーヒーを頂きたい、なんて思われている方もいらっしゃるのでは?

そんな環境の中でも、常にお客さんとコミュニケーションを取りつつドリンクを作って流れるように提供しているバリスタさんが時々います。

バーカウンターをまるで踊っているかのごとく動き回り、一定のペースでドリンクがどんどん出て行きます。

そんなバリスタさんがいたら、出てくるドリンクはまず美味しいと思って間違いないかと思います。

特に、筆者調べではバーカウンターから手渡しされる際に軽く指でカップを弾いて手が触れないよう気遣いまでしてくれる男性バリスタさんがいますが、かなりの高確率でスキル高めです。

バーカウンターが綺麗

ドリンクが出されるカウンターからは、バーカウンターがよく見えます。

そこからバーカウンターをよく見てみてください。

まずお客さん側にエスプレッソを抽出するマストレーナというマシンが。

そしてその下に冷蔵庫が。そして背面側に、フラペチーノを作るブレンダーがあります。

何しろ絶え間無くドリンクを作っていますので、正直片付ける暇はありません。

それでも、あれ?全然汚れない。洗い物が全然増えない。

ミルクやエスプレッソが飛び散ったりしてない。

という時に遭遇したりします。

そんなバリスタさんが作るドリンクは、とても美味しいです。

某一流料理人さんも仰っていましたが、立つ鳥跡を濁さず。

自分が通った道を汚さず、何事もなかったかのようにキッチンで振る舞う。

バーカウンターも同じことなんですね。本当に綺麗にドリンクを作っているバリスタさんを見ると、感動すら覚えます。

お客さんあるある6選

オシャレの登竜門とも呼ぶべきスターバックス。

一度はスターバックスで通っぽくオーダーすることを夢見た方も多いはず。

しかし”通っぽい”はすぐにバレますのでカッコつけたい方は気をつけて。笑

筆者がスターバックスに通い詰めて見えてきた、独断と偏見にまみれた「お客さんあるある」、ご覧あれ。笑

毎日来るけど一向に自分のドリンクを覚えないおじさんたち

「ラテで」「いつものやつ」「コーヒー」

「サイズはいかがなさいますか?」

「ふつうの」

“ふつうの”てなんや

フラペチーノで散々迷った結果キャラメルマキアートのJK

「このフラペチーノも美味しそう!」

「あーでもこれも良いよね」

「あ、あたしこれにするー」

「え、ずるーい」

「でもさ、よくよく考えたら今日ちょっと寒いかも」

「そうだよね、お店の中だからあったかいんだよね」

「あたしキャラメルマキアートにしよ」

「あたしも」

店員とフラペチーノたち「・・・

本気の通はバリスタで選ぶ

スターバックスというチェーンだからこそ、敢えてお気に入りのバリスタを見つけて通う。これが”通”。

オーダー内容で見えるお客さんの意志の固さ

スターバックスではミルクも、牛乳か豆乳、牛乳の中でも通常のものと低脂肪乳、それに無脂肪乳の選択肢があります。カロリーが気になると言う方などには嬉しいサービスですが、そのオーダーの仕方に本人の意志の固さが見え隠れします。

低脂肪乳にしてください→継続性あり

無脂肪乳にしてください→短期集中型

無脂肪乳でホイップのせてください→てめーやる気あんのか

店内でもサングラスを取らない女性客はやたら早口でカスタムオーダーする説

ドライブ途中、ちょっと喉が渇いたのでしょうか。外を見ればオープンカー、今日は平日ですので金銭的にもお時間的にも余裕のある方なんでしょう。ツバ大きめのハットをかぶってサングラスをかけていますが店内でもとる気配がありません。テイクアウトで注文していますが、呪文のようなカスタムオーダーでまだ働き始めたばかりの女の子は半泣きです!ここで先輩登場。丁寧に注文を繰り返し無事オーダー終了。レジからバーカウンターの方にオーダー内容を飛ばしていますが長すぎて一向に終わりません!という一連の流れ。

店員さんが書いてくれたメッセージをインスタグラムに載せている人は空の写真も載せがち

これは読んだままですね。悩み多き時代だからこそでしょうが、スターバックスの店員さんのちょっとした心遣いに思わず涙が・・・夕焼けの写真とか、載っけちゃいますよね。そんな時って。(遠い目)

通のオーダーはこれだ

サイズを最初に言う

スターバックスでは、注文から提供の流れで「コーリング」と呼ばれるコミュニケーションがパートナーさんたちの間でされていますが、常に最初に出てくるのがカップの「サイズ」。レジでの作業上も、サイズを最初に言ってくれると、非常に助かるようです。サイズからオーダーしてくれると、パートナーさんたちは「おっ」と思うわけです。

豆乳の場合はサイズより最初に言う

スターバックスではアレルギーによる重大事故を避けるために、ミルクは牛乳か豆乳かを非常に注意して作成、提供を行っています。使用する器具も完全に分け、厳密に管理しています。「ソイカード」と呼ばれるカードを受け取ったことのある方もいるのではないでしょうか。あれは、ドリンク提供時に万が一でも間違って渡してしまうことを避けるために行っているようです。

ですので、オーダー時にも、レジとしてはまずそこがどちらなのかがまず知りたいところ。もし豆乳のドリンクを飲みたい場合は、「豆乳で、○○サイズで・・・」という順番で伝えるとこの人はわかってるな、と思われます。

コーヒー選びの言葉選び

コーヒーを飲む際、スターバックスでは本日のコーヒーが2種類から選べる場合があります。

その際に普通は「オススメで」「酸味がない方」「濃い方」などと言ってしまいます。

そこで、少し言葉を言い換えるだけで、この人はコーヒーを嗜んでいるな、と思わせることができます。

「オススメで」

→朝の時間帯であれば「浅煎りでコクの少ない方で」

→ランチ時であれば「このサンドイッチに合うのはどっちですか?」

「酸味がない方」

→産地によって異なってきますので「アフリカ系のはちょっと苦手で・・・」

「濃い方」

「深煎りはどっちですか?」

コーヒーは細かく言うと豆の種類、栽培の仕方など様々な要因で味が変わってくるのですが、大雑把に言えば、「産地」と「焙煎の程度」で大きくテイストが異なってきます。それをぼくらは「酸味」「濃い」などと言っているのですが、それを産地や焙煎の程度でバリスタに伝えてみてください。きっと、コーヒーお好きなんですか?などとコミュニケーションにつながるはずです。

ティーラテはオールミルクで

筆者はミルクティーなんて言ってしまう田舎野郎ですが「ティーラテ」です。イングリッシュブレックファーストやアールグレイはじめ、抹茶やほうじ茶まで様々な紅茶も提供しているスターバックスですが、ティーラテの作り方をご存知でしょうか?

紅茶の味が出るようティーバッグもしくはパウダーにお湯を半分投入。そして残り半分がミルクなのですが、通はこれを逃しません。より濃厚な味わいにするため、オールミルクで、とオーダーします。そうするとお値段変わらず水分が全てミルクになりますのでかなりお得感があり、且つ濃厚な味わいになります。ただ、茶のお味が出にくくはなりますので、少々お時間を置くこと忘れずに。またパウダーだと固まりができてしまうこともあるので、伝えておくか、ご自分で攪拌することが必要です。

知られていないスタバテクニック

温度も指定できる

ぬる目、温かめなどのざっくりはもちろん、本当にこの温度が良い、という希望がある場合、お願いすれば常識の範囲内でその温度で作ってくれます。

コーヒーはお願いすればハンドドリップもしてくれる

スターバックスには「本日のコーヒー」がありますが、この豆の銘柄が飲みたい!という要望を伝えると、対応してくれます。

フラペチーノの固さを希望できる

柔らかめ、固めといった調整ができます。ただ、あくまで感覚には個差がありますので、対応努力ということでご留意くださいね。また、フラペチーノには有料でエスプレッソショットの追加もできます。よりパンチの効いたコーヒーフラペチーノや、大人な抹茶フラペチーノなど、楽しさが広がります。

コーヒーはレシート持参で100円でお代わりできる

最近認知されてきたサービスですが「one more coffee」と言って、コーヒーのレシートを当日中に持参すれば、100円(税別)でお代わりができます。

カフェインレスのエスプレッソドリンクのオーダーができる

最も新しくリリースされたサービスですが、ラテやカプチーノなどのエスプレッソドリンクにおいて、有料でカフェインレスに変更ができます。妊婦の方やコーヒーのカフェインが苦手な方にオススメです。

タンブラーでなくとも、入れ物でさえあれば割引対象

スターバックスでは、資源の観点から、マイタンブラーを持って行くと割引対象になります。

スターバックスのものでなくてもOKですし、なんならマグカップでも、極端な話タッパーとかでも大丈夫です。さすがにオススメしませんが。笑

フードの温め具合の指定ができる

これもどんだけ優しいんだという話ですが、要望に応じて温め方を調整してくれます。もちろん最適な温め方で提供してくれているのですが、強いこだわりがあったり、急いでいてすぐ食べたい!などの要望があれば伝えた方が良いです。

いかがでしたか?

スターバックスの魅力が少しでも伝わりましたでしょうか。

そして試せそうなことはありましたでしょうか。

ぜひ次にスターバックスに行ったら、試してみてくださいね!

ではでは!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする